ただいま工事中〜しばらくお待ちください〜

不登校の勉強って学校より遅れる?どこから手をつければいいの?

不登校の勉強って学校より遅れる?どこから手をつければいいの?
 
うみ
自分の子どもが不登校になって学校の授業についていけなくなるか不安。自分で勉強するならどこから勉強に手を付けたらいいの?

こういった疑問にお答えします。

 

□この記事に書いてあること

 

1:不登校になったときの勉強の不安

 

2:不登校になったときの勉強の仕方

 

3:不登校のときの学習の問題点3つ

 

4:不登校のときの勉強おすすめ3選

 

5:不登校の勉強についてQ&A

この記事を書く私も小学生・中学生・高校生の頃、それぞれ不登校の時期がありました。

しかし、学校に行かない時期でも自分に合った勉強方法を見つけて、家で勉強をしていました。

そのおかげもあり医学部に合格するまでの学力が身につきました。

今回はそんな私が不登校だった時の勉強についてお話ししていきます。

 

不登校の勉強の遅れって取り戻せる?

 

不登校の勉強の遅れって取り戻せる?

ほとんどの場合は取り戻すことができます。

なぜなら自宅でも勉強をすることができるからです。

1人で学習ができなくても通信教育を受けることや、オンライン家庭教師でコミュニケーションをとりながら勉強を教えてくれるサービスもあります。

個人差はありますが、不登校でも勉強の遅れは取り戻せることが多いと感じます。

不登校のときの学校の勉強に追いつくための5つのマインド

不登校のときの学校の勉強に追いつくための5つのマインド

 

<マインド1>気持ちが不安定なときはしっかり休む

 

<マインド2>勉強が遅れていると感じても焦りすぎない

 

<マインド3>お子さんに対して勉強することを強く求めない

 

<マインド4>勉強だけではなくいろんな趣味に興味を持ってもらう

 

<マインド5>勉強を始めるときはお子さんのペースで出来るものを選ぶ

なぜこの5つのマインドが必要なのでしょうか?

それはマインドを身につけると精神面が安定するからです。

 

実際私も学校に行けなかったとき、家で勉強をしようと思いましたが、問題集を開いても全く頭に入ってきませんでした。

精神的にダメージを受けているときは、まずは心をゆっくりさせてあげないと勉強に集中できません。

なので不登校生が勉強に追いつくためにはまず5つのマインドが大切になります。

 

では、それぞれについて説明していきます。

 

<マインド1>気持ちが不安定なときはしっかり休む

心が不安定なときはしっかりと休みましょう。

理由は心が不安定なときに勉強をしても全く頭に入ってこないからです。

たとえば不登校になる原因はいろいろあります。

・いじめ
・友達とトラブル
・受験で燃え尽きた
・学校の生活が理想と違った
・学校の勉強についていけない

不登校になったお子さんは勉強よりも気持ちを落ち着かせることが必要な時期があります。まずは心を休ませてあげましょう。

 

<マインド2>勉強が遅れていると感じても焦りすぎない

不登校になったからといって勉強の遅れに焦りすぎるのはよくありません。

なぜなら焦りすぎると気持ちだけが先に行ってしまい、うまく勉強に集中できなくなるからです。

仕事でも焦らされてやると時間ばかり気にしてしまいませんか?

それと同じで不登校になったとき勉強に関しては遅れていることを感じても焦りすぎないことが大切です。

<マインド3>お子さんに対して勉強することを強く求めない

不登校になったお子さんに「勉強しなさい」と言いすぎるはよくありません。

不登校で学校にいけなくて勉強に関して不安なのはお子さんも同じだからです。

お母さんはお子さんの不登校の期間が長くなると学校の勉強に追いつくか心配ですよね。

お子さんも勉強に対しては不安を感じているので「勉強しなさい」と強く言ってお子さんを追い込むのはよくありません。

 

<マインド4>勉強だけではなく色んなことにに興味を持ってもらう

お子さんには勉強だけではなく、ほかにも楽しいことがいっぱいあると知ってもらうことが大事です。

なぜなら、なにかに夢中になれる人は勉強をするときにも集中力がキープできるからです。

あなたのお子さんは何をすることが好きですか?

たとえば本を読むこと、スポーツをすることや音楽を聴くことなど勉強以外にも好きなことがあると思います。

勉強することも大切ですが、趣味を見つけて楽しむことも心の安定につながります。

<マインド5>勉強を始めるときはお子さんのペースで出来るものを選ぶ

不登校のお子さんが勉強をするときは、お子さんに合ったペースでできる勉強方法を見つけることが大切です。

というのも不登校になったとき家で毎日勉強ができる子は少なく、勉強しない日が続くとせっかく学んだことを忘れていってしまうからです。

私も不登校のときは家でひとりで勉強なんて出来ませんでしたが、家庭教師の先生に教えてもらうことで自分に合った勉強のペースをつかむことができました。

つまり勉強を見守ってくれる人を見つけて、お子さんの理解に合わせたペースで勉強することが重要なです。

 

不登校になったらどこから勉強すればいいのか

不登校になったらどこから勉強すればいいのか

勉強に遅れないようにするためには自分の得意・不得意な科目を知り、ニガテなところは先生に教えてもらうことをオススメします。

なぜなら得意な科目は伸ばすことでお子さんの自信につながりますし、不得意な科目はつまづいているところから勉強することが大切なのです。

たとえば数学や理科、英語は2〜3日授業に出なかっただけで分からなくなるので、基礎から理解しないといけませんが、国語や社会は重要なポイントだけを覚えていくと授業に遅れにくいです。

私が不登校だったときはニガテだった英語を家庭教師の先生に教えてもらいました。

どこから勉強すれば良いのかを先生から教えてもらうことで、諦めずに学習を続けることができました。

つまり、不登校になってどこから勉強に手を出せば良いか分からないときは、得意な教科・不得意な教科をしっかりと知り、ニガテをそのままにせずに先生に教えてもらうことが大切になってきます。

 

不登校の子が勉強するときに気をつける落とし穴3つ

不登校の子が勉強するときに気をつける落とし穴3つ

 

① モチベーションがうまく保てない

 

② 自分に合った勉強を見つけられない

 

③ 質問を誰に聞けば良いのか分からない

この3つの落とし穴をそのままにしておくと、学校へ戻ったときの勉強の遅れにつながってしまいます。

不登校でも学校の勉強に遅れないために1番大事なことはまわりの人の協力です。

もちろんお父さん・お母さん・学校の先生などの協力も必要ですが、お子さんが勉強をする上では私はオンライン家庭教師をおすすめします。

理由は

・分からない問題があれば気軽に質問できる
・お子さんに合った宿題や勉強の方法教えてくれる
・先生に褒められたいから勉強しようとモチベーションを保てる
・パソコンの画面越しに会うので直接人と会うことに抵抗があっても大丈夫

4つの理由から不登校のお子さんにはオンライン家庭教師が合っていると考えます。

 

不登校でも勉強できるおすすめ3選

不登校でも自宅で勉強ができるおすすめ3選を解説していきます。

  • 家庭学習(自宅で自分のペースでできる)
  • 通信教育(定期的にテキストが送られてくる)
  • オンライン家庭教師(話しながら勉強を教えてくれる)

 

 

・家庭学習

教材を購入して自宅にて1人で取り組むこと。
メリット:費用を抑えられる。自分のペースで出来る。
デメリット:質問ができない。モチベーションが保てない。

・通信教育
郵便やインターネットでテキストを送ってもらって問題を解いていく。
メリット:定期的にテキストが送られるので何をすれば良いのかわかる。目標を達成できると勉強グッズがもらえるところもある。
デメリット:わからないところすぐに質問できない。自分で教科書を読んで理解しないと行けない。

・オンライン家庭教師
インターネットを通じて家庭教師の先生に教えてもらう。

メリット:モチベーションが保てる。家族以外の人と話す機会がある。わからないところを質問できる。
デメリット:ネット環境が必要。

特に3つ目のオンライン家庭教師がおすすめです。

なぜなら、家にいながら家族以外の人と話せるし、勉強も教えてくれるからです。

「誰とも会いたくない、でも勉強は1人で続けられない」そんなときに直接会わずに済んで勉強を教えてくれたらすごく良いですよね。

だからオンライン家庭教師が良いと私は思います。

無料体験ができるオンライン家庭教師はこちら

関連記事

  うみ コロナで塾に通えなくなって勉強についていけるか不安。普通の家庭教師は高いから申し込むが迷うなあ。   こんな悩みを解決していきます! 【目次】  1:現役医大生[…]

【無料体験】2020年最新版オンライン家庭教師おすすめ3選!【徹底比較】

 

 

不登校になったときに勉強についてのQ&A

不登校になったときに勉強についてのQ&A

Q.不登校のとき家で勉強してたら出席認定はしてくれるの?

A.学校長の裁量によります。
ただ、文部科学省で公表している「出席認定の要件」に合う可能性があります。
(文部科学省のホームページより引用)

不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行うとき、保護者と学校との間に十分な連携・協力関係が保たれていること等の要件を満たすとともに、その学習活動が学校への復帰に向けての取組であることを前提とし、かつ不登校児童生徒の自立を図るうえで有効・適切であると判断する場合に、指導要録上出席扱いとすること及びその成果を評価に反映することができることとしている。

https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/attach/1286947.htm

つまり自宅でネットを使って勉強をしても、学校と保護者の方がしっかりと連絡をとっていれば出席扱いにしてもらえる可能性があるようですね。

 

高等学校の全日制・定時制課程において、不登校生徒を対象として、通信の方法を用いた教育により、36単位を上限として単位認定を行うことを可能としている。

https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/attach/1286947.htm

義務教育に入ってない高校についても、通信教材で勉強していれば単位認定してもらえる可能性があるのでお子さんの学校へ聞いてみることをオススメします!

 

Q.不登校の子どもを家庭教師の先生に任せても平気なの?

A.安心して任せることができます。

それは家庭教師の先生はどんな生徒さんでも1人の生徒として見ているからです。

オンライン家庭教師を利用している人は不登校のお子さんや学校の勉強についていくことが難しいお子さんが多いので、分かりやすく勉強を教えることが得意な先生が多いです。

そして、家庭教師の先生は毎回の授業の最後にお母さんに何を勉強したのかを報告します。

なので安心して任せることができますね!

 

Q.不登校のときは休ませることが大事だから勉強しなくていいんじゃないの?

A.勉強はし続けた方が良いです。

勉強をしない日が長く続けば学校へもう一度いったとき、授業についていけるか不安になってしまいます。

その一歩を踏み出しやすくするためにも勉強は少しでもした方が良いです。

もちろんお子さんがしんどいときは十分に休ませることが必要です。

生活習慣を整えて、しっかりとコミュニケーションをとることを優先してあげてください。

 

まとめ

不登校になっても勉強の遅れは取り戻せます。

ただし、自宅でも勉強する習慣を身につける必要があります。

1人で学習ができなくても、通信教育を受けることやオンライン家庭教師でコミュニケーションをとりながら勉強を教えてくれるサービスがあるので、お子さんに合ったサービスを利用してみてください!